育毛シャンプーの副作用・デメリット

育毛シャンプーの副作用

育毛シャンプーの副作用について、絶対に副作用がないとは言い切れません。
育毛シャンプーに、副作用の心配される成分が使われてない場合でも肌は人によって違いますし、使用時の体調によっても副作用が起こる場合もあり得ます。

最近は、乾燥肌・脂性肌など頭皮タイプ別に分かれているものも多いので、自分の肌質にあった育毛シャンプーを使用してください

何か症状が出た場合は、すぐに使用をやめたほうがよいです。



育毛シャンプーのデメリット

育毛シャンプーのデメリットとして洗浄成分別にあげてみました。

●石けん系シャンプー
特に頭皮がベタつきやすい脂性肌の人に向いているシャンプーです。

そんな石けん系シャンプーのデメリットとしては、使用感です。
ほとんどがアルカリ性でできているので、弱酸性の髪の毛にアルカリ性のシャンプーを使用するとキューティクルが開き洗髪後、髪の毛がきしんだりごわついたりします。
シャンプー後に石けん系シャンプー専用のクエンサン配合のリンスを使用して髪を弱酸性に戻す必要があります。

●高級アルコール性シャンプー
高級アルコール性シャンプーのデメリットは、なんといっても頭皮や髪への刺激性と強すぎる洗浄力にあります。
洗浄成分に関して、ラウリル硫酸 などの刺激性の高い成分が配合されていることが多く、洗浄力も強すぎて頭皮に必要な皮脂まで除去してしまったりします。
頭皮の汚れを落とすのはいいのですが、必要な皮脂まで過剰に除去してしまうと、頭皮がカサカサに乾燥したり、あるいは不足を補おうと皮脂が過剰分泌されしまうことがあります。
また、有刺激性の成分が多いため、特に肌の弱い人は湿疹やかぶれなどの皮膚トラブルを起こす可能性があります。


●アミノ系シャンプー
ほかの種類のシャンプーの中で、もっとも低刺激で育毛に最適なシャンプーではありますが、デメリットとしてほかのシャンプーに比べて価格が高いことです。毎日使うものですので、かなりの負担にはなります。