育毛シャンプーの仕組み

育毛シャンプーの仕組み

育毛シャンプーと一般的なシャンプーの違いは、一般的なシャンプーは髪の毛のキューティクルを保護したりツヤを与えたり、香りをよするための科学物質が多く配合されていたりします。

しかし、育毛シャンプーは、この一般的なシャンプーとは違い育毛によい成分が配合され、使われている界面活性剤の量は微量であるため、髪や頭皮に優しいシャンプーと言えます。

育毛シャンプーは毛髪を育てるというよりは、まず頭皮を健康な状態にして毛髪の育成にベストな状態を作り出し育毛を促進させることが
目的のシャンプーです。

育毛剤を使用する前に育毛シャンプーで頭皮を健康な状態にしておいた方が育毛剤の浸透力が高くなって効果が期待できます。
頭皮には、脂線というのがあります。
脂線は、毛根の途中につながっているので毛穴は皮脂の出口にもなっています。
髪の毛は、この皮脂に守られツヤやハリを維持しています。
しかし、皮脂の分泌が多すぎる場合、頭皮がベタつくだけでなく、毛穴に詰まって、炎症や湿疹の原因になることがあります。
また、皮脂や汚れで毛根が詰まると、髪の毛が抜け替わることを忘れ休眠状態になってしまいます。
なので、頭皮は健康な状態を保っていなければならないのです。
全身から出る皮脂の60%が頭皮から分泌されます。

育毛シャンプーを使って、頭皮の健康を守ることは育毛の促進につながるのです。

育毛の促進に一番大切なのは、頭皮の状態を整えることなのです。
自分の肌タイプにあったスキンケアアイテムを使うのと同じように、自分の頭皮タイプにあったシャンプーを使用することが大切だと言われています。
脂性の方は、毛穴に詰まった皮脂を取り除いてあげることができる育毛シャンプーを、乾燥タイプの方なら頭皮に潤いを与えてあげることができるシャンプーを使用することが大切で、あわないシャンプーを使用し続けると様々なトラブルを招くことになりかねません。
一口に育毛シャンプーと言っても、頭皮タイプによって配合されている成分も変わってくるということを覚えておいてください。

たとえば、「スカルプD」「ヘアリプロ」「加美乃素」「ライブアクト」など、頭皮にあわせて選ぶことができる薬用育毛シャンプーなどが様々売られております。