育毛シャンプーの使用方法

育毛シャンプーの使用方法

育毛シャンプーの正しい使用方法は、基本的に育毛シャンプーを購入したときに、説明書や洗い方が同梱されてきます。
ですが、洗髪のとき使用方法に沿った適正な方法で行わなければ育毛シャンプーの効果を引き出すことはできません。
ですので、育毛シャンプーの使い方は、適正な方法で必ず行ってください。
そうすることで、頭皮を健康にし育毛剤の効果を最大限に引き出すことができます。



育毛剤の効果的な使い方

育毛シャンプーを正しく使用することは大切なことで、間違った使い方をしていると頭皮を傷つける可能性があります。

育毛剤をより効果的にするためには、まず頭皮トラブルのない健康な状態にすることが大事です。

そのためには、育毛シャンプーを効果的に使用するための適切な手順を覚えましょう。

育毛におけるシャンプーは、二度洗いが基本であることを覚えておいてください。


●予洗い
シャンプー前にじっくりお湯ですすぎ、頭皮の発汗を促しておくと汚れが落ちやすくなります。これを予洗いと言います。
これをすることで、頭皮に水の膜を作ることができ、頭皮への刺激を和らげることができます。

●本洗い(1回目)
手に適量のシャンプーを取り、手のひらで十分に泡立ててから髪の毛につけます。
泡立てず、いきなり髪につけて、直接泡立てては、頭皮への刺激が強すぎます。

●マッサージ
爪を立てないように気をつけて、指の腹で揉むように頭皮をマッサージしていきます。
爪などで頭皮を傷つけてしまうと、炎症を助長してしまうので細心の注意が必要です。

●シャンプーブラッシング
頭皮に炎症などがある場合をのぞいて、育毛用のシャンプーブラシなどで軽くなでるように洗います。前から頭頂部に、横と後ろは下から上にむかって整髪する要領で頭皮の毛穴をなでていきます。シャンプーブラシはモミダッシュがおすすめです。

●すすぎ
すすぎ残しがないよう、たっぷりのお湯と時間をかけて十分に洗い流します。

●本洗い(2回目)
1回目よりもシャンプー剤の量を減らして、1回目と同じ要領で洗髪します。
ですが、頭皮が弱っている方は、1回のシャンプーで終了してください。また、スカルプDなどの洗浄力が強い商品も1回のシャンプーで十分です。

●すすぎ
最後のすすぎですので、シャンプー剤の残りがないように丁寧に洗うようこころがけます。
シャンプー液が頭皮に残ったままだと、フケやかゆみの原因になるので気をつけてください。