育毛剤の副作用・デメリット

育毛剤の副作用・デメリット

薄毛の方が、育毛剤を使用するのは当たり前かもしれません。

しかし、どんな薄毛でも育毛剤を使用すればよいものではないということをご存知ですか?
用途を間違えば、症状を悪化させてしまう危険性や他の疾病を招いてしまう危険性もあるのです。



育毛剤のデメリット

育毛のデメリットとしてあげられる事は、育毛剤を使用して育毛効果が現れるまでに非常に長い時間がかかる可能性があるということです。

非常に残念なことですが、育毛剤を利用した人全員が実際に髪の毛の育毛に成功するわけではありません。
効き目が現れるまでに長い時間かかるということがストレスとなってしまい、逆に抜け毛や薄毛の原因になってしまうかもしれません。

長い時間と高い費用をかけて育毛に取り組んだとしても、必ずしも薄毛が解消される保証はないのです。

したがってこれから育毛に取り組もうとする人は、長い時間かかるということを理解したうえで、育毛に取り組んでください。




育毛剤の副作用

育毛剤に含まれる成分には、使う人の体質によっては副作用を引き起こす可能性を持つものもあります。

代表的な副作用としては、かゆみや炎症などが見られます。

これらは、天然由来成分で作られた製品でもその副作用のリスクはゼロとは言い切れません。

リアップやロゲインにも含まれている、ミノキシジルという成分には、プロピレングリコールという溶液が含まれており、プロピレングリコールは、皮膚のアレルギーを引き起こす要因となっています。

また、ミノキシジルという成分は、元来、高血圧症の治療薬として開発されたものなので、低血圧症の人にはおすすめできません。

フィナステリド(プロペシア)という成分は、胃部不快感、性欲減退など軽度の副作用が見られる場合があります。
フィナステリド(プロペシア)は、男性ホルモンを抑制することで抜け毛を予防するので、その副作用として男性機能が一時的に低下することがあるのです。また、フィナステリドは妊娠中の女性の使用は禁止されています。