育毛剤の仕組み

育毛剤の仕組み

育毛剤のメカニズムは、育毛剤の成分によって異なります。

その成分は、薄毛などの原因によって使用する育毛剤が違うように、それぞれの原因にあった成分で作られています。

育毛剤の種類は主に「男性ホルモン抑制型」「血行促進型」「細胞活性型」「皮脂分泌抑制型」の4つに分けられます。
なので、これら4つの育毛剤のタイプによってメカニズムも違ってきます。



育毛剤のタイプ別のメカニズムの違い

●血行促進型
血行促進型とは、
「ミノキシジル」という成分で、これは血管を拡張して血液の流れをよくする効果があります。
毛髪の成長は、毛乳頭から栄養が取り入れられて、それが毛母細胞に運ばれ、細胞分裂を繰り返す事で毛髪が上に押し上げられて毛髪が成長していきます。
なので毛乳頭に十分栄養が渡れば髪は順調に成長していきます。
そして血管を通る血液によって毛乳頭に栄養が行き渡ります。
したがって、頭皮の毛細血管を拡張することにより血流量を増大させ、毛乳頭への栄養補給を多くすることによって、毛髪の成長を促す、というのがこのタイプの育毛剤のメカニズムです。

●男性ホルモン抑制型
男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンという活性型の男性型ホルモンが分泌されることが原因とされています。
テストステロンが、このジヒドロテストステロンという物質に生成されるのを抑える効果を持つのがこのタイプの育毛剤のメカニズムです。

●皮脂分泌抑制型
頭皮の健康には欠かせない皮脂ですが、過剰な皮脂は酸化して毛穴につまって炎症を起こし、毛髪の成長を妨げることになります。
また、毛穴に皮脂が詰まると、頭皮が皮膚呼吸をすることができず、毛根の働きも鈍ってしまいますので、毛穴に詰まった皮脂を除去して、皮脂腺の活動を抑制し毛根が健やかに成長できる頭皮環境を整えるのがこのタイプの育毛剤のメカニズムです。

● 細胞活性型
偏った食生活をしていたり、ダイエット中で薄毛が気になる人は、栄養不足で毛母細胞が休止状態になっている可能性があります。
なので毛母細胞に直接働きかけて刺激を与え、休止状態に陥った毛母細胞を活性化し、再び活動させ止まってしまった発毛機能を取り戻すのがこのタイプの育毛剤のメカニズムです。