フィンペシア

フィンペシア

フィンペシアは、インドの製薬会社、Cipla社が製造するプロペシアと同じ成分フィナステリド1mgを含有した、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。
フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)に効果的なプロペシアのジェネリック医薬品なのです。

正規品のプロペシアと成分および効果はほぼ同じなのですが、フィンペシアはジェネリック医薬品ですので、値段が安いのが魅力です。

フィンペシアは男性用の医薬品です。

フィンペシアの副作用もプロペシアと同等です。
かゆみ・じんましんなどや胃部の不快感、性欲減退、頻尿、軽い頭痛などがあります。



フィンペシアは副作用があるの?

フィンペシアは、副作用を引き起こす可能性があります。
ですが、フィンペシアだけでなく、フィナステリドが配合されている育毛剤全てに副作用があると言われています。
日本の病院で処方されるプロペシアなども同じです。

副作用があると言っても多いわけではありません。

フィンペシアでの主な副作用なのですが、軽い頭痛や胃の不快感・性欲の減退などがあげられます。
プロペシアと同様に、多くが性機能関連の副作用といえます。
具体的には、性欲減退や勃起不全、精子の減少などですが、ほとんどが軽微なものです。

その発症率は全体の5%にのぼるとされています。



フィンペシアの効果

フィンペシアはプロペシアと成分が同じで、1錠あたりの有効成分含有量も1mgと変わらないため、プロペシアとほぼ同等の効果を期待できます。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、5α−リダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑制する効果があります。

5α−リダクターゼとは、男性ホルモン「テストステロン」に働きかけることによって、抜け毛の大きな要因と言われている男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を発生させるのです。

この脱毛因子DHTが生成されないよう5α−リダクターゼの働きを抑制するのがフィナステリドの作用であり、フィンペシアの効果です。