ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットとは、米国FDAにより初めて育毛剤として認可されたミノキシジルの錠剤タイプであるロニテンのジェネリック版です。

有効成分ミノキシジルの血管拡張作用が頭皮の血行を促進し、毛根を刺激しつつ栄養を与える事で、発毛を起こさせていると言われています。

外用ではなく、内服で体内から発毛を促進させるため、細胞への吸収の度合いが高く、塗布タイプの育毛剤よりも遙かに効果が高いのが特徴です。

現在、日本でも多くのクリニックでミノキシジルタブレットが医師の処方のもとで使用され、効果を発揮しています。




ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットは毛をはやすという点では、他の育毛剤や発毛剤よりもはるかに効果があるお薬です。

ミノキシジルタブレットは、有効成分ミノキシジルの作用により血行促進効果で毛根を活性化させる働きがあります。

ミノキシジルタブレットは、M字や生え際といった通常のミノキシジルに効果が期待できない部位の発毛にも効果があるということで、ミノキシジルのなかでも最高の発毛力を持っていると言われています。

ミノキシジルタブレットには、1錠当たり5mgのミノキシジルを含有したものと、10mg含有したものの2種類がありますが、ミノキシジルタブレットは1日10mgを用量としているので、5mgなら1日2回、10mgなら1日1回の服用となります。



ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットは内服薬なので、外用薬よりも副作用の発症率が高めになっています。

また、ピンポイントに使用できる外用薬に比べ、全身にミノキシジル成分が行きわたるミノキシジルタブレットは、頭髪だけでなく、他の体毛が濃くなる場合もあります。
ほかに副作用として、めまい、動悸、胸痛、痒み、頭部の炎症、顔のむくみなどが考えられます。

そもそも、ミノキシジルは高血圧症の治療薬として用いられている血管拡張薬(毛細血管を拡張させ血圧を下げるもの)であるため、もともと血圧の低い方が使った場合は、血管の拡張により血圧がさらに下がることもあります。
使用に関しては医師などに相談されたほうがいいでしょう。
用法・用量はきちんと守って服用するようにしてください。