飲む育毛剤の服用方法

飲む育毛剤の服用方法

飲む育毛剤には、サプリメントから医師の処方箋が必要な医薬品までありますので、それぞれ使用方法も異なってきます。
正しい使用方法で服用されるのが望ましいです。
1日に決められた分の錠剤を飲んでください。それ以上服用しても変化はないとされています。

飲む育毛剤として有名なプロペシアですが、こちらは医師の処方箋がなければいけない飲む育毛剤です。
プロペシアの正しい服用方法としてですが、プロペシアの有効成分フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)治療に関して1日あたり1mgの服用が基本であり、原則となっています。
また、プロペシアは錠剤に触れるだけでも皮膚から成分が浸透されるので、特に妊娠中や授乳中の女性がいる場合は取り扱いに十分気をつける必要があります。
なぜなら、妊娠中や授乳中の女性は、お腹にいる胎児や、母乳を介して乳児の体内に成分が吸収されるおそれがあり、胎児や乳児が男児だった場合、生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす恐れがあることが指摘されています。

ミノキシジル系の飲む育毛剤ミノキシジルタブレットは、リアップやプロペシアは日本で認可されましたが、ミノキシジルタブレットは認可されていません。
血管拡張剤であるミノキシジルは、発毛効果も大きいのですが、同時に副作用もいろいろ報告されています。
頭髪治療クリニックや育毛サロンの中にはミノキシジルタブレットを処方するところがあります。どうしても使用したい方は、それらの専門機関へ問い合わせることをおすすめします。

飲む育毛剤のサプリメント系で人気のHatto育毛サプリは、サプリメントであって、薬ではないので、飲み方にはあまりこだわらなくても大丈夫です。特に副作用も報告されておりません。
サプリメント系は、生薬などを使用した栄養補給タイプで、医薬品ではありませんので飲む育毛剤のなかで、一番副作用の心配が少ないのがサプリメント系なのです。
ですから、安心して服用していただけます。